男は筋トレ女も筋トレ。キレッキレの肉体を手に入れる

筋トレは毎日やったほうがいいのか?

 

筋トレってどれくらいの頻度でやっていますかと度々聞かれます。

 

私の回答は「毎日やってます」です。

 

その昔、私は週に3〜4日の頻度で行っていました。適度な回復も得られますからこのくらいがちょうど良かったんです。仕事も肉体労働ということもあり、仕事でへとへとでしたからね。

 

ですが、いくら休みを入れて回復をしたとしても、疲労感がだんだん残るようになりその内に筋トレそのものができなくなってしまったことがありましてね。

 

どうしたものかと考えていた時期がありました。もちろんその間は何もしていません。

 

結果的に一年弱の休養になったんですが、何も解決には至りませんでした。

 

あれから○十年が経ちましたが、毎日あきもせず筋トレをしています。

 

 

一つの仮説から今現在に至る

まぁ、仮説というほどのものではないんですが、これに行き着いてからは非常に調子がいいのは事実。自分では最終形態と位置づけています。

 

まず、筋トレの基本的な考え方なんですが、筋肉に負荷をかけて筋繊維を破壊し、その後にやってくる超回復で元通りてな考えかたなわけですよね。

 

でも、これは確かにそのとおりなんですが、これだといずれどこかで壁にぶち当たるんです。

 

例えば仕事がデスクワークで普段肉体を酷使する機会が筋トレのみの場合は多分これでいいんでしょうが、こと肉体労働の場合はなかなかそうはいきません。

 

必ず心が折れるときが来ます。日中の炎天下のなかや風雨にさらされながらの仕事。もの凄く体力を消耗していきます。

 

もうこれが筋トレだといってもいいくらいです。

 

ですから疲労が抜けないものだから、向かう気が起きてこないんです。

 

で、このない頭振り絞って考えたんです。どうにかならんものかと。考えた末に行き着いた答えがこれまた単純でして、ハッキリ言って笑ってしまいます。

 

疲労を残さない筋トレをすればいい。」これです。

 

ね、笑ってしまうでしょ。ところが!これなかなか侮れませんよ。

 

 

具体的に疲労を溜めない筋トレとは!

 

まずね、基本となる考え方は一度脇においておきます。

 

一回のトレーニングで、やる種目は4〜5種目場合によっては3種目でもなんら問題ないです。とにかく、やる種目の全てを1セットのみ。

 

レップス数は、決めません。この1セットに全力で挑むことです。そしてこの1セットで確実にパンプします。その後更に追い込んだりはしません。

 

その種目はこれでおしまいです。

 

これをインターバルなしに一気にこなします。所要時間は30分〜45分程度です。

 

これでもちゃんと筋肉は反応してくれますし、成長もちゃんとします。嘘だと思う方もいるでしょうが本当です。もちろん器具も使いますので負荷もできるだけかけます。

 

すると、不思議な事に次の日、筋肉痛で痛いことはなく、いつものように仕事がこなせます。初めて筋トレをする人は、なるかもしれません。

 

私はこれで筋肉痛になった事がないです。ですから免疫機能も落ちませんから健康面でもいうことがないんです。

 

ですから毎日できますし疲労の蓄積の問題も解消されたというわけです。

 

 

まとめ

 

毎日やるからダメだ。ちゃんと休んで超回復をしなくては筋肉の成長はない。といいますが、そんな事はありません。それを生業にしている人なら超回復も必要でしょうが、私はビルダーのようになりたいわけではありません。

 

逆に、実益の伴ったキッチリ動ける体を作ることに主眼を置いていますので、そこまでデカクならなくてもいいですし、そこまで何かを制限してまでやる気はもうとうないのです。

 

なんでもいいですが、筋トレ=ビルダーではなく。その競技なら競技に合った筋トレをしないと、直ぐにボロがでます。

 

その証拠に、プロの第一線で活躍しているような選手達でさえ筋トレ風景を見ますとビルダーのそれと同じ。だからというわけではないんですが、怪我が絶えないですし、パホーマンスも落ちたりしてます。

 

勝手な解釈ですが、筋トレや体を鍛えることに関して言えば、これだという正解はありません。

 

もしあるのだとしたら、それはいつも心身ともに健康で生命力に満ち溢れている常態に持っていけたときなのだと思います。