男は筋トレ女も筋トレ。キレッキレの肉体を手に入れる

肥満を解消するためには・・・・。

 

一概に肥満といっても実際どの程度の肥満なのか?それこそ個人差があるものです。

 

そうですね〜。身長170くらいで体重90kgオーバーで体脂肪率が27〜30前半だと仮定して話を進めていきます。

 

この場合、俗に言う「肥満」に該当します。

 

中年でしたら間違いなくメタボで検査対象になるでしょう。わずらわしい食事制限とか、何を食べたとか、逐一報告しなくてはいけなくなります。ハッキリ言って大きなお世話なんです。

 

さて、話が逸れてしまいました。すみません・・・。

 

まず、上に書いたとおりの数値なら痩せるのは、比較的簡単です。この簡単というのはあくまでも何も考えずただただ筋トレを行える。という前提の話。

 

実際は、そうではないことのほうが多いという現実。

 

つまり何が言いたいか。「ハッキリ言ってデブになる人間は確実に自分にあまい。

 

デブになってしまったあなた!そうしたのはいったい誰ですか?おいしいご飯を作ってくれる親のせいですか?違うでしょう。友達ですか?これも違いますよね。

 

そうです!自分です。

テレビ番組でこういった特集をやっていたりしますが、必ずどこかで逆ギレです。もちろん今流行のやらせの可能性も否定はできませんが、自分ではやせることができないにもかかわらず、あのような行動にでる。

 

完全にあまえているとしか思えません。

 

コツがいるというのは、こういうことなんです。まず、何も考えずにひたすら体を動かすこと。食べたい気持ちと止めたいという気持ちをね。グッと堪えられるようにしなくてはいけないんです。

 

これは、ほかの誰かがという問題ではないので、今の自分を本気で変えたいと願う気持ちが本物ならできないことは何もないということなんです。

 

 

何者にも折られない強い信念がもてたら。

心の準備が出来上がったら後はやるだけです。はじめはキツイはずですが、そのキツさは今までの堕落した生活で培ってきた「膿」のようなものです。

 

全部出し切ればそんなものはへでもありません。

 

とにかく理想の体型を目指して進むだけです。間違っても自分を裏切るようなマネだけはしないでください。積み木崩しのようにガタガタ音を立てて努力が崩れていきますから。

 

 

肥満・デブに有酸素運動は要らない

 

よく太っている人ににダイエットを進める場合のほとんどがランニングウオーキングを進めます。が、私は勧めません。

 

脂肪を落としてからでないと筋トレしても変化がないと言います。

 

でも、よく考えてみてください。

 

デブは何ゆえデブなのか?それはエネルギーを消費する絶対的な筋量が少ないからでしょ。その筋量が少ないのに有酸素運動なんかしたって脂肪を減らす前に膝を痛めてしまいますよ。

 

ですから私は、ガチガチの筋トレをやることを提案します。

 

まず、十分に筋肉をつけることです。エネルギーを燃やす場所を増やすことがもっとも痩せる近道です。決して走ってはいけません。

 

なぜか?走ることでせっかくつけた筋肉が落ちるからです。

 

有酸素運動はもちろん痩せます。それは言い換えれば筋肉も一緒にやせていくんです。それに太っている人がね、いきなり走らされたらダイエットよりも体を壊すほうが先に来ます。

 

今までな〜んもしないできたんですから。

 

 

具体的な筋トレ

 

いろんな器具を使うのもアリですが、私はそれよりも「自分の体を支える・られるように」ということを考えてもらいたい。

 

つまり自重トレーニングになります。

 

やることはいたって簡単です。腕立て伏せ・腹筋運動・スクワット。これだけです。

 

すべて、確実に限界付近まで追い込むこと。できないのでしたら数セットにわけてやるも良しです。

 

とにかく自分に負けないように!ここが1番の要なんですから。

先にも書いたとおり、自分にあまいのは過去の自分だと思ってがんばってください!

 

もちろんトレーニング後はサプリを使ってください。筋量を増やし脂肪を落とすのに役に立つサプリを。

 

気になる方は、こちらの記事を見ていってください。