HMBの効果で引き締まった筋肉ボディを手に入れる!嘘・ホント

食事を制限することは全くない。

 

何かを制限して痩せていく方法というのは、全く愚の骨頂だと私は考えています。普通の健康体であれば制限などしなくてもどうにでもなります。

 

今までも数多くのこういったダイエットが世に出ては消えを繰り返す。けしからん!と、思うんです。

 

何かを食べない。何かを口にしない。これがどういう事か考えた事はありますか?

 

食事と言うのは、とても楽しいものであり、明日への糧です。大袈裟かもしれませんが、この部分を削ると言うことは非常に問題だと感じます。

 

もちろん世の中には、これを制限しないと命の危険があるような人もいます。でもそうなったのにも理由があって、その殆どが好きなものを食べ続けた挙句、全くの運動不足がたたっているケースが非常に多い。

 

三大成人病なんてものは運動不足がキーですから。

 

食べても、それをキッチリとエネルギー消化できれば申し訳ないが食事の制限なんてものは必要ないことなんです。

 

そしてこの多くが短期間に結果を出そうとする無理な考えがあるのもまた事実。

 

できることなら、和食を中心に日本食をたくさん食べることをお勧めします。

 

 

いくら何かを抜くといっても現代社会では無理

なぜ無理なのか。それはこの世にあふれかえっている食品・料理全て痩せると言うことに対して否定的なものばかりだからです。

 

塩分も糖分も油分もその殆どのものに入っているからですよ。これらを完全にカットすることはできません。

 

最近話題の糖分を取らない方法なんてものもありますが、この方法はをやったら食べるものは全くなくなってしまいます。

 

醤油にも糖分は入っていますし、肴・肉・果物ありとあらゆるものに入っているんです。なぜそこまでするのか?とても馬鹿げているとしか言いようがありません。まず、筋肉の栄養は糖分です。これを抜いたら筋肉はやせ細りエネルギーを燃焼させる場所をみずから減らしてしまう結果になってしまいます。

 

ですから、こんな無理な事はやめて体を動かすことに全力を挙げるほうがよっぽど良いことだと私は思います。

 

 

結局いろんなことを言ってみても食事量の問題なんです。

私達日本人は、独自の食文化を持ってきました。近年では海外で日本食は健康にいいと評価が高まっています。が他でもない日本人はどうでしょうか?見直されている日本食にあまり関心がないように思います。

 

なぜか、洋食が多いんじゃないでしょうか?

 

でもね、本気で痩せたいのであれば日本食です。が、あえて私はこだわりません。なぜなら何をどう食べようが問題ないと思っているからです。

 

健康ならば何をたべったって問題ないんです。仮にあるとすれば「」の問題だけです。

 

だから何かを削るんではなく、総体的な量をゆっくり変えればいいだけなんです。

 

カロリーがどうのこうの言ってもきちんと日常生活に運動があれば気にする必要もなく、あるのはその食べる量だけ。わかりやすいでしょ。

 

たくさん食べたらたくさん動く!これね。

 

ですから一過性の流行にのかってやってみたところで、結局元に戻ってしまうんです。あるいはそれ以上になる場合も否めないです。そこまで痩せたいと一生懸命ならば体をなぜ動かさずに痩せるなんて考えるのか。はなはだ疑問です。

 

結局、そこまで真剣に考えていないのかもしれませんね。